英語のベビーシッター会社|babysitters & company

ブログ

その他

ベビーシッター探し 個人 or 会社

お父さん、お母さんが急用でおでかけしなければならい時、小さなお子さんをお持ちのご家庭はどうしてますでしょうか・・・。諸外国のように、近所の知り合いに気軽にベビーシッターを頼むことができればベストですが、親族以外の人が他のご家庭のこどもの面倒を見るという習慣がそこまで浸透していない日本社会においては、隣のご近所さんやお友達の家族に頼むのも容易ではないですし、身内でも都合がつかないことも・・・。

 

 

日本国内においては、1990年代に数多くのベビーシッター会社が誕生し、現在では全国に100以上の会社があるようです。2010年頃になるとインターネットの掲示板やマッチングサイトなど利用して探せるようになってきたので、ベビーシッターを利用するという習慣は徐々に普及してきているようです。でも、必要な時にいつも頼りにしているベビーシッターさんのスケジュールが空いているとも限らないので、選択肢は複数持っていないと、時間と労力が必要になることも・・・。となると、少し値段は上がるかもしれませんが、ベビーシッター会社にお願いするのも、1つの選択肢かもしれません。担当者が信用できる人であれば、次回からもお願いしやすくなるでしょうし、急な依頼でも手配してくれる可能性は高まるでしょう。

 

 

自分で探して少しでも安くお願いしたいのであれば、頑張って個人で探してみるのが良いでしょうし、毎回探すのが面倒だし、いつでも手配してくれる気に入ったベビーシッター会社さんがみつかれば、そちらに依頼するのも良いでしょう。いずれにしても、日本でベビーシッターをお願いするという習慣が定着するにはまだまだ長い年月がかかると思いますが、今後少しづつベビーシッターが身近なものになって、日本のお父さんお母さんが子供をベビーシッターに預けて、気軽におでかけするなんていう風潮が増えてくるといいですね。でも、それには何が必要なのか?私たちも引き続き模索していきたいと思っております。

その他

若者とベビーシッター

【日本人のベビーシッター】

 

 

身近にベビーシッターのお仕事されている方っていらっしゃいますでしょうか。日本でベビーシッターというと、子育てを終えた主婦の方々が希望される職業の中の一つである場合が多いようです。国内にある数多くのベビーシッター会社に登録されていらっしゃる方々も、大半が30代以上の女性ベビーシッターさんのようですので、当社のような小さな会社では、差別化を図る為に日本の若い学生ベビーシッターを確保したいと思っているのですが、正直なところ、なかなか見つかりません・・・。大学においてもアルバイト募集の依頼をさせていただいておりますが、「学生にそこまで責任ある仕事をさせられないので」という事でお断りされたケースもありますし、学生達も「責任が重いので」ということで、なかなかみつからないのが実状です…。以前、ベビーシッター協会主催の講習にも参加したことがありますが、若い方の参加者の姿はほとんどなかったのを覚えております。

 

 

【外国人のベビーシッター】

 

 

日本にいる外国人でも、ベビーシッターをやりたいという人が大勢いるわけではありませんが、来日したばかりであれば言葉の壁もあって職種も限られるので、「英語のベビーシッター」は、彼女たちの最初の選択肢の一つになることは確かです。当方のベビーシッター達も、みな若い頃からベビーシッターの他に、保育園やスクール、ボーイスカウトなどでの経験を通じて小さな子供のお世話をしたことがある者が大半で、どこの国でも社会ぐるみで若い学生たちに小さな子供と触れ合う機会を提供しているんだなと、とってもいいことだと感じております。私の場合、アメリカとスペインでの学生時代、知人を通じて小さな子供達のいるファミリーと出会い、ほぼ毎日のように、一緒に遊んだり食事をしたりして、本当の家族のように付き合わせてもらいました。本当に良い思い出です。日本に来ている若い外国人たちにも同じ経験させてあげたいと思ったのも、この事業を始めたきっかけの1つです。

 

 

 

 

日本において、どちらのベビーシッターのほう方が良いという事はありませんが、若い外国人たちには、日本でたくさんのファミリーと絆を作ってもらいたいですし、日本の若い人学生たちにも、もっともっと小さな子供たちと触れ合う機会を増やしてあげたいなと思います。今では、旅行やビジネスでの訪日の際に日本人の若くて元気なベビーシッターを希望する外国人ファミリーも大勢います。そんな時に、若くて元気で、優しい日本人のベビーシッター達が当社でも増えてくれれば嬉しいなと思っております。

その他

外国人ベビーシッターの採用

当社のベビーシッターは、他のスタッフには任せず、私自身が直接面接し採用したベビーシッターのみです。採用したいと思う候補者には、すぐに面接を設定し、直接会って人柄を確認。見込みがあれば一日も早くベビーシッターの仕事を開始してもらえるよう、即日研修と試験を行い、10日間の試用期間を経て本採用しています。

 

 

日本国内における深刻な人手不足の影響で、昨今は日本にいる優秀な外国人はどこでもひっぱりだこなのでしょう。ここ数年、求人広告にこれまで以上の経費をかけるようになってきましたが、「この人なら大丈夫だ」と思える良い人材に巡り合うのは本当に本当に極僅かです。どの業種でも同じなのかもしれませんが、残念ながら面接当日の遅刻、ドタキャンは日常茶飯事です。もちろん、いくら優秀な人材であっても面接の再設定はあり得ません。

 

実際に数値を出した訳ではありませんが、当社の場合、応募数100に対し、本採用は正直5-10%程度だと思います。常時25名~30名という人数を確保したいとは思っておりますが、「この子、大丈夫かなぁ・・・」なんて思うと、必ず失態をやらかすので、長年の経験に基づく自分の勘を大事に採用を見送るようにしています。

 

特にここ数年間は、1か月~2か月もの長期間、新しいベビーシッターが全く採用できないことも多々あります。そんな時でも、ベビーシッターの質を下げてでも多くの人材を確保しようとは決して思いません。創業当初は、とにかく人材を集めなければならなかった為、アルバイト感覚の18歳-19歳の留学生も多く採用していましたが、遅刻、無断欠勤、ドタキャン発生で、多くのお客様にご迷惑をお掛けしてしまった事がありました。でも近年はそんな学生アルバイトに代わって、長期勤務のベビーシッターが増えてきたので、以前のような失態は殆ど無くなりました。現在は、チームで複数のベビーシッターと一緒に勤務することも増えてきているので、他のベビーシッター達に迷惑をかけてはいけないという雰囲気が生まれているのかもしれません。

 

私自身は、ローカルのご家庭にはできるだけご挨拶に伺い、ベビーシッター達の仕事ぶりを観察する機会を増やすようにしています。定期的な訪問を通じ、お客様には近況を確認させていただき、毎回成長している可愛いお子さま達とも積極的に触れ合うようにしています。

 

今秋はラグビーワールドカップ、来年は東京オリンピックが控え、外国人観光客ファミリーからの依頼が更に増える見込みですが、とにかくどのご家庭にも気に入っていただける良質なベビーシッターだけ雇用し、引き続き少数精鋭で次の10年、20年も経営を続けていきたいと思っております。