英語のベビーシッター会社|babysitters & company

ブログBLOG

つぶやき

新型コロナウィルスの影響はいつまで続く?

12月から開催の【入会金半額キャンペーン】の効果で、新しくご入会いただいた数多くのローカールファミリーにはその後も継続してご利用いただいて、本当にありがたい限りです。

 

 

一方、今冬の新型コロナウィルス感染拡大の影響は全く予期しておりませんでした。1月末までは毎日のように外国人ゲストからのリクエストが入ってきましたが、2月に入ってからは、パタッと途絶えてしまっております…。

 

 

今後いつまでこのような状況が続くのか定かではありませんが、これまで通り外国人観光客が安心して日本を訪れるよう、一日も早い終息を願うばかりです。

 

 

それまでの間は、ローカルファミリーのリクエストを最優先して、全リクエストにベビーシッターの手配が出来るよう努めてまいります。

 

 

好評開催中の【創業10周年入会金半額キャンペーン】は6月末日までの期間限定開催ですので、気になっていた方は、是非一度体験でご利用くださいませ。

 

 

スタッフ一同、皆さまからのご依頼を心よりお待ち申し上げております。

つぶやき

東京マラソン 残り2ヶ月

新年あけましておめでとうございます。ベビーシッターズの河瀬です。

 

 

大晦日から元旦にかけて幸いリクエストがありまして、年末年始は例年通り少ない人数ですが24時間営業しております。

 

 

今年はオリンピックイヤーで、どうなるのか想像がつきませんが、その前に3月1日(日)に東京マラソンもあります。

 

 

例年、多くのリクエストが入る大事なイベントのひとつですが、今年は私も初めて当選したので出走です。

 

 

もし、お子様をベビーシッターに預けてレースに出走するパパママがいらっしゃいましたら、週末は平日に比べてベビーシッターに空きがございますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

 

 

残り2ヶ月の練習もがんばりましょう!

 

 

 

 

英語&外国人ベビーシッターのbabysitters

https://babysitters.jp

 

つぶやき

英語のベビーシッターを利用してみませんか

ここ数年、英語のベビーシッターは訪日外国人ファミリーからのリクエストが大半を占めるようになってしまっているのですが、本当は日本のご家庭にもっともっと知ってもらって、気軽にご利用いただきたいと思っております。

 

 

当方のベビーシッター達の中には、日本人のファミリーを担当したいというスタッフも少なくないので、私も何とか増やしたいと思っております。

 

 

最近はGoogleで検索してもホームページが上位表示されなくなっており、新規にご入会してくださる方々は、ほとんどが会員様のご紹介。多くの方々はそれまで当社のサービスはご存じなかったそうです。

 

 

以前のように、「英語 ベビーシッター」で検索すれば最上位にランキングされていた頃が、遥か遠い昔のようです。検索順位を改善することに精通されている方がお近くにいらっしゃったら、ぜひご紹介いただきたいです。

 

 

尚、12月はキャンペーン開催中で、入会金が半額になっておりますので、ぜひこの機会に英語のベビーシッターをご利用いただきたいと思っております。

 

 

英語&外国人ベビーシッターならbabysitters

https://babysitters.jp

 

 

 

 

つぶやき

ベビーシッターの内容

ベビーシッターを頼む際、どこまでシッターさんが対応してくれるのか、初めての場合は分からない事も多いですよね。

 

 

ベビーシッターとは、基本的にお父さんお母さんなどの保護者に代わって、一時的にお子さまのお世話をする者という概念なので、双方の同意の元に必要に応じたお世話内容になるので、先ずは要望をベビーシッターに伝えてみましょう。

 

 

寝かしつけ、保育園やお稽古の送迎、食事補助、おむつのお世話、ゲームやお勉強のサポートなど、ベビーシッターのスキルやファミリーの要望によって内容は多岐に渡りますので、あまり型にはまったものではありません。

 

 

ベビーシッター自体は、今からちょうど100年前にアメリカの10代の若者たちが社会に出て就職する前に保育を学ぶ目的で始まり、特にベビーブームであった1950-60年代にかけて広く利用されるようになったそうです。

 

 

また、アメリカでは日常的に長時間ベビーシッターを利用する事が主流であるのに対し、イギリスなどのヨーロッパ諸国では、短時間、不定期で利用する割合が多いという特徴があるようです。

 

 

現在では、世界各国で核家族化が増え、各地の文化や習慣により少しずつベビーシッターの役割が異なるようですが、日本ではまだまだ諸外国に比べて一般的ではありませんね。

 

 

それが良いか悪いかは別として、日本になかなか根付かない理由はたくさんあるでしょう。日本のお父さんお母さんは頑張り屋さんなのかもしれませんし、他人に気軽に自分の子のお世話を頼む事に躊躇いもあるでしょう。

 

 

また、近所の学生や若者の中からベビーシッターのなり手を見つけるのはかなりの至難の技。我々子育て世代の親達が10代の若者だった時にベビーシッターするという概念はなかったですし、今の学生達だって同じでしょう。彼ら彼女ら学生達は勉強に部活に大忙しでベビーシッターなんてする時間は、残念ながら殆どないはず。

 

 

そうすると、日本でベビーシッターをやってくれる人を見つけるのは、未だ容易ではありません。でも、当社には30人前後の外国人のベビーシッター達が在籍しておりますので、都心部中心のサービスにはなりますが、ぜひ一度ご利用をご検討くださいませ。心よりお待ちしております。

 

 

英語&外国人ベビーシッターならbabysitters

 

https://babysitters.jp

 

 

 

 

つぶやき

過去10年の英語ベビーシッター利用層の移り変わり

2010年に始めた、日本初の英語専門のベビーシッターサービス。創業時からの数年は、都内在住のご家庭へのサービスのみだったので、訪日外国人観光客からの依頼は、月に数件程度でした。

 

 

しかし、2015年頃から徐々に日本を訪れる外国人ファミリーからのリクエストが増え始め、2017年にはローカルとゲストファミリーのリクエストの割合が半々になるまでに。

 

そして、遂に2018年にはゲストファミリーからの依頼がローカルファミリーの数大幅に上回り、2019年現在、主に東京、京都、大阪を訪れる海外からの訪日外国人ファミリーからのご依頼が9割に達しております。

 

日本政府の訪日外国人観光客誘致政策の影響もあり、今後も日本を訪れる外国人観光客は増えていく予想なので、我々にとっても嬉しい事なのですが、残念なのは、日本国内のご家庭からのご依頼が大幅に減少している事です。

 

昨今は日本でも欧米同様、マッチングサイトでベビーシッターを利用するファミリーが増えているので、正直、料金はリーズナブルで利用しやすいと思います。私自身も、マッチングサイトを選択肢の一つとして利用するかもしれません。

 

でも、日本における外国人ベビーシッター専門会社の先駆者として見ていると、我々が採用を見送った人材や、在留期間が過ぎてもそのまま掲載されている事もあり、実際に慎重な選考基準が設けられ、逐次情報の更新を行っているのか不安視しています。

 

我々ができるのは、過去10年間の経験を生かして、外国人ベビーシッターに対する国内での評価が下がらないよう、細心の注意を払って人材のマネージメントに努めること。そして、創業時のように、再び多くののローカルファミリーにもご利用いただけるようになればと思っております。